阿刀田高さんと語らう【本当におもしろい小説】

多彩で知的な大人の読書会


【オンライン対応】

丸の内キャンパス、オンライン(Zoom)いずれでも参加可能です。今後の状況によりオンライン開催のみとなる場合があります。


おもしろい小説を読むことが大切であり、この楽しみを身につけたい。文学を通して思考を広くし、日常への創造性を培おう。

なにがおもしろいかは人それぞれ。自分はなにが楽しいのかを知り、他者の楽しみにも思いを馳せてみる。たとえ短くとも感想を記し、他者の感想を知る。これが脳みそをやわらかくして、思いがけない(ちょっとした)創造へとつながっていく。とりあげた小説はこの目的に通うよう、そこそこに楽しく、狙いがある。ポジティブに参加してください。

阿刀田高

阿刀田高

阿刀田さんが選んだ小説を、阿刀田さんと味わう

作家として900編を超える小説を書き続け、人生、人間、恐怖やユーモアを綴るとともに、長きにわたり直木賞選考委員や日本ペンクラブ会長を務めてこられた阿刀田さんならではの視点や洞察で、小説をじっくり味わいます。

知的で創造的、大人の読書会

自分では選ばなかった小説に出会い、味わう。小説を通じて語り合い、様々な人間を知り、人生を知る。小説を思いっきり楽しむ大人の読書会です。「読書は大人の喜びだとわかりました」「今頃ですが本好きになってきました。成長もしています」等の好評を受けての開催です。

おすすめする方

  • 多彩な作品に出会い、小説や読書をより楽しみたい方
  • 文学の豊かさ、面白さに触れ、魅力を堪能したい方
  • 初めての方も、これまでご参加の方もお楽しみいただけます

講師

阿刀田高

阿刀田高あとうだ・たかし

作家

昭和10年(1935年)東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業後、11年間、国立国会図書館に勤務。その後軽妙なコラムニストとして活躍した後、短編小説を書き始め、昭和54年『来訪者』で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞を、平成7年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。著書には『知っていますか』シリーズ、小説『闇彦』、『知的創造の作法』など多数。

2003年紫綬褒章、2009年旭日中綬章受章、2018年文化功労者顕彰。日本ペンクラブ第15代会長、1995年から2013年まで直木賞選考委員、2012年から2018年3月まで山梨県立図書館館長を勤めた。

主要著書


開催概要

日程2020年 10/24、11/21、12/19、2021年 1/23、2/20、3/20、4/24(すべて土曜日)全7回
時間14:00-17:00(3時間)
定員25名
会場慶應丸の内シティキャンパス
参加費

agoraメンバーシップは講座参加費の割引と講演会の受講券がセットになったお得な制度です。詳しい内容はこちらをご覧ください。


講座内容


10月24日(土)14:00-17:00

第1回村社会の寓話

西村 京太郎『南神威島』

充分な現実性を持ったフィクション。とにかくおもしろい(と私は思う)。新型コロナウィルスのいま、私たちの身のまわりにも?


11月21日(土)14:00-17:00

第2回古典的な恋愛小説

三島 由紀夫『潮騒』

古典的な恋愛小説として、この作家の代表作を知っておくのも一興。恋愛も変化するらしい。


12月19日(土)14:00-17:00

第3回ショートショートのおもしろさ

フランク・ストックトン『女か虎か』/半村 良『箪笥』/和田 誠『おさる日記』

脳味噌の遊びとしての小説の価値は? ショートショート3作品、いずれも名作。


1月23日(土)14:00-17:00

第4回幻想小説の名作

江戸川 乱歩『押絵と旅する男』

江戸川乱歩の一番の名作とする人は多い。幻想小説として少し古いが、遠い時代の郷愁をどう読むか。


2月20日(土)14:00-17:00

第5回現代の作家をたずねて

桜木 紫乃『ホテルローヤル』

舞台は特殊だが、そこに生きる人たちは私たち平凡な庶民だ。生きる姿は小説の本道を示しているみたい。平成25年第149回直木賞受賞作品。


3月20日(祝・土)14:00-17:00

第6回人間の葛藤

菊池 寛『蘭学事始』

二人の蘭学者の葛藤は、現代でも充分あって悩みとなるところ。あなたはどちらを是とするか。


4月24日(土)14:00-17:00

第7回自作を語って

阿刀田 高『めぐりあいて』

千年を貫いて恋愛は小説のテーマであった。紫式部のうそに思いを馳せてみよう。往事の和歌はなんであろうか。


agoraメンバーシップは講座参加費の割引と講演会の受講券がセットになったお得な制度です。詳しい内容はこちらをご覧ください。


お問合せ

慶應丸の内シティキャンパス