慶應MCC agora講座

田口佳史さんに問う中国古典【墨子】

いまこそ噛みしめたい非戦と博愛の思想


2021年1月に逝去した昭和史家の半藤一利氏は、家族や知人に「墨子を読みなさい」というメッセージを遺したと言います。昭和史の伝道者として戦争の愚かさ語り続けた半藤氏は、非戦と博愛を説いた墨子の人生と思想に自らの思いを重ねたのかもしれません。

墨子は、紀元前5世紀の思想家です。長く続いた戦乱の時代にあって、侵略戦争を非難する「非攻」の思想、他者を手段として利用して自己利益を図ろうとする精神と行為が争乱の因だと喝破した「兼愛」の思想を主張しました。

墨子は、中国でも長らく忘れられた存在でした。しかし、国際社会が覇権主義や力の政治・外交に傾斜しつつある今こそ、理想主義的な墨子の思想を噛みしめたいと思います。

田口佳史

田口佳史

墨子とは

墨子(本名:墨翟)は、紀元前5世紀半に活躍した思想家です。出自については諸説あり定かではありません。司馬遷『史記』孟子荀卿列伝では「蓋し墨子は宋の大夫なり」(恐らく墨翟は宋の高官であろう)と憶測しており、すでに前漢の時代から謎多き人物とされていたようです。墨子によって創設された墨家は、戦国末期に儒家と並び立つ巨大な勢力を維持した学団でしたが、秦漢の時代に消滅したと言われています。以降言行録である『墨子』も、近代になるまでほとんど読まれることがなかったと言われています。

おすすめする方

  • 生きる上での哲学や価値観の重要性を認識し、醸成したい方
  • 中国古典の思想・考え方を経営、ビジネス、人生に役立てたい方

講師

田口佳史

田口 佳史たぐち・よしふみ

東洋思想研究家、株式会社イメージプラン代表取締役会長

1942年東京生まれ。新進の記録映画監督として活躍中、25歳の時タイ国バンコク市郊外で重傷を負い、生死の境で『老子』と出会う。奇跡的に生還し、以降中国古典思想研究四十数年。東洋倫理学、東洋リーダーシップ論の第一人者。企業、官公庁、地方自治体、教育機関など全国各地で講演講義を続け、1万名を越える社会人教育の実績がある。1998年に老荘思想的経営論『タオ・マネジメント』を発表、米国でも英語版が発刊され、東洋思想と西洋先端技法との融合による新しい経営思想として注目される。

主要著書


開催概要

開催形態オンライン(Zoom)
日程2021年 10/4、10/18、11/1、11/15、11/29、12/13(すべて月曜日) 全6回
時間18:30-21:00(2.5時間)
定員25名
会場オンライン(Zoom)
参加費

agoraメンバーシップは講座参加費の割引と講演会の受講券がセットになったお得な制度です。詳しい内容はこちらをご覧ください。


講座内容

各回の内容は9月中旬に掲載予定です。


お問合せ

慶應丸の内シティキャンパス